第2回サピックスオープン前回より上がった、、のにもめた





サピックスオープン、記述が想像していたより部分点がもらえたので4科偏差値でプラス15ちょっとでした。得意なはずの算数が下がった以外は上がりました。特に前回20台だった国語Aがプラス30!20台から30台が常連の社会も40台になり、理科は60台に乗せられました。 国語はまぐれの要素が強いので、次のテストではまた偏差値20台になりそうで全然喜べませんが、そんなに好きじゃない理科が伸びてきたのは嬉しいです。東京農大一が算数、理科入試を始めてくれたし(´▽`) さて、問題はここからです。5月マンスリーとサピックスオープンが息子にしては成績がよかったことからまた天狗になり、昨日はテレビを2時間みた後も勉強する気配もなく、私の指示した勉強に不満を言い始めました。 またいつものパターンです。成績がめっちゃ下がると勉強みてくれと私に言い、成績が上がると口出しするなと言い、また成績が下がって私にみてくれと言う。このループを繰り返しています。 この成績の上がり下がりが数ポイントの差であればいいんですが、息子の場合は4教科で15は上下するため、組分けで毎日ブロック落ちして先生がコロコロ変わり、サピにも相談しにくいし、志望校もサピの偏差値表に記入のない学校まで調べることになります。 息子の不満は「ママが社会社会、国語国語、理科って言うからその3教科は上がったけど算数が下がってきてるじゃん。もうこれからは算数増やしたい。サピでも社会やれって言われるけど、算数は好きでやってたから得意なだけ。やらなくてもできるほど得意なわけじゃない。」 息子の気持ちは分かる。算数の時間を大幅に減らして好きじゃない他3教科やるのは嫌でしょう。しかし算数65国語27理科40社会25よりオール50の方が受験界でリスクが少ないのも事実。 サピの上位層から見たらこの程度の成績で天狗になれるのが驚きだと思いますが、完全に天狗になって昨日はほぼ勉強せず。6月マンスリーと組分けが怖いです(><)サピが始まってくれてよかった。成長を待ってはいるけれど、難しいなー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です