サピックスオープンと終わらない宿題





5月マンスリーが息子にしてはよかったのでまた勉強しなくなりました。自走しない物体を押し続けている母です、こんばんは。 先週親子でもめまくり、私が管理しなかったので土特の家でやるべき問題を全くやらずにサピに行きました。そして今日私が確認したら平常テキスト14の宿題もほぼ手つかずで、今日は何とかやらせましたが終わるはずもなく私だけが焦っています。 日曜日、前回のサピックスオープンの直しがまだできていないのに第二回サピックスオープンを受けてきました(_)今の状態を表す言葉で近いイメージは『溺れてる』『濁流に流されてる』という感じでしょうか。 さて、期待できる要素ゼロのサピックスオープン。息子は前回よりできたと上機嫌で帰宅しました。帰宅後からひたすらゲームをやり、突然寝る前に自己採点をしはじめました。「算数Bはできなかったけど、算数Aは集中力切れてるのにそこそこできたと思う」と聞いた時点で私はとんでもない結果だろうと確信しました。息子は式や図を書かずに全てを脳内でやるため集中できないと簡単な問題ですら解けません。案の定過去最低の結果となりました。80点台です。Bは60点台。 以前なら唯一の得意科目である算数がこけると相当ショックでしたが、今回は点数を知る前に酷い点数だろうと確信したことと息子の受けるであろう学校なら難問は解けなくてもいいや、という思いがあり、そこまで落ち込むことなくいられました。 よかった点は国語Bの回答欄を全部書いてきました。とんちんかんな記述で部分点すら怪しいですが書いてきたことはよく頑張った!! Bがメインで出題されるレベルの学校は受けられるような成績ではないため、Aがどのくらい取れるかが気になるところで、今回A合計が305点くらいでした。算数Aが30点以上下がったけど国語社会が前回より上がったので合計は50点以上上がりました。前回のサピックスオープンでは国語偏差値20台だったので(ー ー;)前回のA平均点が304.7点なので前回並であればちょうど平均点取れたことになるので嬉しいです。 Bは息子はポジティブ採点なので算数以外は全く参考になりません。国語Bも内容は似ているから全部丸な気がすると驚きの発言をしていました。いやいや、これで内容が似ていると思う時点で読解力ないわ(驚)将来、女の子に『あなたとは友達でいたいの』とか『友達にもどりましょう』とか言われても振られていることに気づかないのではないかと心配になってきました(笑) さて、終わらない宿題をどうやらせるか考えながら今日はもう寝ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です