自信満々の5月マンスリー自己採点結果





血の気が引くほどに恐ろしい結果だったサピックスオープンの結果を息子はもう忘れたのか、
「5月マンスリー、めっちゃできた。算数満点かも。早く自己採点したい。解答用紙アップされた?」と毎日聞いてきました。いつもは自己採点したがらないのに、算数が満点かどうか気になってしかたがない様子。

満点かもしれない?
もちろん信じません。(笑)2月の勝者黒木先生が『下位クラスのできたを信用したんですか』って台詞の通り、信じちゃいけません|( ̄3 ̄)|
そもそも息子は見通しが超甘いタイプ、良くいえば超ポジティブ?ポジティブとは違うかー、うーんと、私が好きなポジティブはティモンディ高岸さんで、息子は高岸さんとは違うタイプの、何でも良い方に解釈するポジティブ?です。

解答用紙がアップされて意気揚々と自己採点開始した息子。「あれ?どこで間違えたんだろ、、ここもかー、、ブツブツ」と独り言を言っています。

で、128点。

「あれ?いつもと変わらない。でも8割超えてるから良いんだ。満足!」
社会42から50 国語74から78 理科77
「今回国語頑張ったから大問1.2がけっこうできて満足。理科は時間がなくなちゃって最後の問題が得意なバネだったのにできなかったけど、大問1がとれたの初めて。満足。社会が30点超えてるんだよ、満足。」

もー、なんでも満足じゃん。指摘したいことは多々あるけれど、サピックスオープンよりはよかったので今は何も言うまい。
上機嫌な息子と手つかずのテキストの山を見て憂鬱な母、サピも学校も始まるし、土特は諦めて何とかして平常だけでも追いつくように今日明日やらせます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です