6年サピックスオープン結果がやばすぎた





空白の多い用紙を郵送した時点である程度の覚悟はできていました。しかーし!ここまで悪いとは。。
社会は過去に1桁の点数をとっているので、免疫獲得済みでビリでも驚かないメンタル持っているので大丈夫。と思ったら偏差値33。よかった!よかった?良くはないか(笑)
でも、国語はちょっと期待していただけにショック(;O;)国語Aが偏差値27!なんてこったい。

いくら下位クラス男子でも偏差値30以上とれるように頑張ってほしいよ(/ω\)
息子が伸びない原因はいろいろあって、
・素直さがない
・自己流のやり方にこだわる
・反復を嫌う
・緻密さ、正確さがない
・志望校がない
・母親ともめてばかり

私ともめてばかりで時間を浪費しているのが一番の問題で、その根底には素直さがないことが関係しています。
「素直さがない」ことには幼少期から困っていて、育て方が悪かったのかと思い悩んでいましたが、息子の気質なんだと最近では思っています。
息子は算数だけが唯一好きな教科で、算数だけは自分から勉強しますが、解答解説を見るように言っても見ません。時間がかかっても自己流で何とか答えを出そうとするので、その姿勢は受験とういタイムリミットを考えなければ悪いことではないので、時間がかかってもそこは口出ししないでいます。何とか息子が答えが出した後に「他のやり方もあるかもしれないから解説見てみよう。いろんな解き方を知っている方が戦う武器が多くなるじゃん。」と声をかけますが、見ません。
国語の長文を読むときは線をひいてみようか、選んだ選択肢にはチェックをいれて重複しないようにしようか、など何度言ってもやりません。そしてテストでは毎回間違えてきます。
勉強だけではなく、生活全てでそんな感じで、何か人に勧められてもやってみようかという気持ちがありません。私は逆で、馬には乗ってみよ人には添うてみよと思って生きてきたタイプなので、息子には「食わず嫌い、やらず嫌いを続けていると新しいものに出会えないよ」と今まで何度言ったか分かりません。経験した上で選択するのではなく、最初から否定ではいるその気質が育てていてとても気になります。

話をサピックスオープンに戻します。一応は勉強して、現在国語社会が偏差値30前後ということはサピックスで受験を続けるのは適さないということ(; ・`д・´)コロナのこともあるし、変化は減らしたいからできればサピを続けた方がよいのかなと思っているけれど、どうなんだろうか、、

この記事へのコメント

  1. 初めまして。
    私は今年の2月に受験を終えた子供の母です。
    ソロトナさんのブログは数年ずっと読んでます。
    うちの子は算数苦手男子なので、ソロトナさんのお子さんは大変そうながらもうらやましく思ってずっと見ていました。やはり算数が得意なのが中学入試において最強なので。
    いっそ算数一科目入試に絞って、あとはその学校の先生にお任せするのがストレス少ないのかも、と他人事ながら思いました。
    子供の受験時代、いろんな説明会行きましたが男子校の先生は男子の扱いに心得ていらっしゃるな、と思いました。
    うちの子は素直なタイプだと小4まで思っていたのですが、5年からは先生を困らす悪童と化してどうしようと思ったのですが、私学の説明会に行くと、そういう子でも生きていけそうと思える指導をしていそうでした。
    子供が本当に行きたい学校を見つけて(これは本当に大事だと思います)子供の行きたいパワーをどれだけ燃やせるかが受験の鍵だなと思いました。
    6年生の一年間は過酷で「この学校に行きたい」パワーがあるかどうかがその過酷な一年を乗り切れるかにかかってると思います。
    お母さんはきっと大変ですが、陰ながら応援しています!!

  2. ベラ様

    コメントありがとうございます(≧▽≦)
    受験、お疲れ様でした!(^^)!小4まで素直で、そこから変身しちゃったということはベラ様が大変だったはず、、
    男子の扱い難しいです(; ・`д・´)

    行きたい学校を見つけること、まさにそこなんです!!
    以前、巣鴨中の算数一科目入試導入を知った息子は「巣鴨中が僕を呼んでいる。」と小躍りしていました。
    巣鴨中は遠いので現実的なのは鎌倉学園か世田谷学園ですが、
    やってもやっても点数がとれない社会にこれ以上時間を費やすより算数を好きなようにやっている方が脳にも良いのではと思うことも。

    一番困っているのは息子に合う学校が私には分からない、といいますか、息子がどういう子なのかよく分からないんですよね。(ダメ母?)
    親子ですったもんだばかりでたまに脳の血管が何本が切れちゃうような気もしますが、
    男子なのでこうやって関わるのも最後かなと思って頑張ります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です