【感想】芝中学 学校説明会





年賀状も大掃除も見てみぬふりしてテレビばっかり見ているソロトナです、こんばんは。

先日行ってきました芝温泉!
田舎者にとって芝中は立地だけでただでさえハードルが高いのに、説明会当日の朝は雨で超寒い。今回の説明会は諦めて次回にしようかとも思いましたが、
パネルディスカッション「みんなちがって、みんないい」-男の子の「心のふるさと」を作る男子教育-という企画があってその参加校が芝&サレジオ学院&逗子開成だったんです。志望校にと考えている学校が3校も集まるなんてラッキー、これは行くしかない!!

私が私立中学の中で一番好きなパンフレットは芝中です。かわいい(≧▽≦)

ほっこり(´▽`)

期待していたパネルデスカッションは、同じテーマで3校の話が聞けてよかったのだけれど、せっかく良い企画なのに進行役の塾の先生が微妙でもったいなかったです((+_+))※個人的な感想です。
進行役の塾の先生のお話「2/1不合格でそこから頑張って2/4に受かった話」とかいらないし、3校の先生方に「受験生の保護者の息抜き方法」を質問したのも謎(苦笑)

そんな中でも逗子開成の先生の話は面白い&ためになるお話を盛り込もうとしてくれているのが分かりました(*´▽`*)
仏教系である芝、キリスト教系であるサレジオ、宗教は違いますが「みんなちがって、みんないい」-男の子の「心のふるさと」を作る男子教育をしてくださるのだと思います。「学校に居場所がある」それが大事だと。この辺りのお話をもっと聞きたかったなー。生徒たちへの声かけとか接し方とか。

パネルディスカッションの後は入試についての説明、校舎を自由に見学という流れでした。学校内に生徒さんが少し残っていたので様子が見られたのもよかったです。自然体でほっこり(´▽`)芝中の雰囲気、私は好きです。
中高一貫校で入口の偏差値は低くて、出口の偏差値が高い(大学進学実績が良い学校)を「お得な学校」と呼んだりしますが、そういう意味でいうと芝中は逆です。でもそこに芝中の良さ、らしさ、があるのだと思います。希望者のみの講座も教科の枠を越えた学びで面白そうでした。

とはいえ自らは勉強しない息子に超庶民のソロトナ家。学校でがっつり勉強してくれないと困る(笑)
だらしない息子には管理型の学校の方が将来的に良いかなぁ、という思いもあって志望校が決まらない(/ω\)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です