カンブリア宮殿『麹町中学☆宿題・定期テストは廃止! 教育の常識を打ち破った 驚き公立中学の秘密』の感想





新しい取り組みや改革を批判するのは簡単なので、できれば肯定から、良さを知ることから始めようと心がけていますが、ちょっと批判的な感想をもったソロトナです、こんばんは。

(カンブリア宮殿を見ていない方は番組公式サイトに一部掲載されています。)

誤解のないように言っておくと、工藤校長の理念や取り組みは素晴らしいと思うし、息子が麹町中学に入れるのなら入りたいなと思います。
問題は普通の公立中学が常識を打ち破った教育改革をして、その成果が素晴らしいよという番組の伝え方です。

麹町中学は公立中学ではあるものの、このエリアに住める子どもというのはある意味選ばれた子ども達で、(庶民が住める場所ではなない)
しかも中学受験を経験している子が多い公立中学という、そもそも学力高めの子が多い中学であることを忘れてはなりません。

中学受験密着企画に出演していた大維志君(ジャガー横田さんの息子さん)も受かった私立中学には進学せず、引っ越しして麹町中学に入学したという噂もあります。

番組で紹介されていた麹町中学の取り組みは確かに成果をあげているように思いました。しかし、知識の詰め込みではない、考える力や話し合いですすめて行く授業は麹町中学だから(話し合いに必要な知識がある子達だから)成り立つのではないか、と思うのです。

では、麹町中学の取り組みを普通の公立中学に適用できる形にするとしたらどうなるか考えてみます。

「定期テストをやめて、単元ごとのテストにする」
これはとても大きな改革のように感じますが、どの公立中学でも単元ごとのテストは小テストという形で実施してるのではないでしょうか。
そう考えると実は定期テストがあるかないかの違いで、単元ごとのテストのみより単元テストプラス定期テストの方が定着しやすい気がします。
定期テストは一夜漬けでやってしまうからダメ、という理屈は疑問です。日頃から勉強していないから一夜漬けになるだけですし、トップ層は一夜漬けはしません。しかし、近所の公立中学では実は一夜漬けするだけでもマシな方という事実、、(定期テスト前に部活が休みになるとゲーセンに集まる生徒たちを注意するために先生たちが見回りしています。)
定期テストをなくした方が学力が上がるのは本人もしくは親の意識が高い中学のみではないでしょうか。

「宿題ゼロ」
これは羨ましいです。
息子に学校の宿題と塾の宿題の両方をやらせるのは大変でした。寝るのも遅くなります。
しかし、塾行っていない子の立場だったら宿題はある方がいいのかなとも思います。
麹町中学で夏休み宿題ゼロでも成り立つのも塾行ってる子が多いのでしょう。(実際、番組内でサピックスのテキストをやっている子がいました。)

「担任制度の廃止」
生徒側にとっては良いですね。
これはどの公立中学でも取り入れたら子どもが喜びそうです。

普通の公立小、公立中の先生たちが麹町中学の先生より頑張っていないのではなく、頑張っても麹町中学のようにならないのは、子どもたちの学力差が想像以上に大きいのだと思います。
息子の授業参観でアクティブラーニングが上手くいっていない授業をみる度に、ザワザワ無駄話をしている子がいるくらいなら、詰め込み教育の方がマシではないのかと思うこともあります。

さらっと番組の感想を書くつもりが長くなってしまいました(笑)

批判ばかり書いてしまいましたが、千代田区に引っ越せる財力がある方は私立中学ではなく麹町中学に行くのも良い選択肢ですね。