【文化祭の感想】武蔵中学 東京都 男子校





お久しぶりです、ソロトナです、おはようございます。

GW前半に行ってきました武蔵中学!
5年生にもなると、息子のおおよその学力を知っているので、御三家の1つである武蔵の文化祭に行っても今の学力では志望校にできないよねって気持ちがあって、
遠いし、行くのをやめようか迷っていましたが、学校選びの何かの参考になるかもと思い行ってきました。ヤギを見たかったというのもある(゚∀゚)

「武蔵ツアー」に参加

武蔵生が学内を案内してくれる「武蔵ツアー」に参加しました。注:来年も開催するかは分かりませんが、朝と12時に配布されるチケット(無料)が必要なので早めに並ぶことをオススメします。1回40名。
敷地内にある建物や小川、ケヤキの説明をしてくれました。私の参加した回ではとても感じの良い高校3年生が担当で、受験のために高校3年生は文化祭の係をやらない学校も多い中で、
がっつり参加しているあたりが、さすが武蔵だなと感じました。
来年も開催するかは分かりませんが、私は参加してとてもよかったと思っています。

「武蔵の窓口講演」を聴く

小講堂で行われた武蔵の窓口講演では、武蔵の特徴ある授業内容や行事の紹介、新校長先生のインタビュー、梶取前校長先生のインタビューなど盛りだくさんの内容でした。
説明してくれたのは高校生(たぶん2年生?)で短い時間の中で自らのエピソードを豊富に入れて話してくれました。
武蔵の窓口講演も武蔵ツアー同様、参加してよかったです。

展示、ステージなど

武蔵といえばヤギですね。かわいいヤギがいました。
駄菓子屋さん、輪投げ、射的、クレープ屋さんなど息子が喜ぶものが多数ありました。
ステージではキス我慢などのおもしろい系に加え奇術、ジャグリングなど楽しめました。
展示は個人的には鉄道と生物部が面白かったです。生物部で見たアリの研究がどう発展していくのか気になります。

全体的な感想

私がとても気に入りました。生徒さんの雰囲気がとても好きです。(私の個人的な感想なので勘違いかもしれませんが)表現が難しいけれど、ドヤってる感がなく、そして、覇気がある、という感じではないけれど、やる気がないわけではなく、自然体。良い意味で人に関心が少なめといいますか、いじめが起こらなそうな雰囲気。

授業も個性的で学ぶ楽しさがありそうです。大学受験には直結しなさそうですが(笑)
この4月から名物校長先生だった梶取校長先生から新しい校長先生に変わったので今後何か変わるかもしれませんが、現時点では私は一番気に入りました。
とはいえ私が受験できるわけではないのて、息子はどうかといいますと、「自分に合いそうだと思う。でも遠いし、レベルが高すぎるな。」だそうです。

武蔵、楽しかった(≧∀≦)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です