中学受験の塾選び☆まとめ





現在息子をサピックスに通わせています。
振り返ると小3の夏から入塾までは塾選びのことばかり考えていました。
中学受験の本を読み、中学受験終了組の親戚や友人に聞いたり、塾主催のテストを受けさせて、
その上ネットでひたすらググって、、今より必死だったかもしれません(笑)
今、塾選びをしている方のご参考になればと思い、塾選びから通塾してみての感想を書こうと思います。

小規模塾、個別指導塾ではなく大手塾を選んだ理由

中学受験に必要な情報や対策が大手の方が充実じているのではないか、
という理由で大手塾しか考えていなかったのですが、
集団だと集中できない息子には小規模塾が合っているのかもと思い小規模塾も視野に入れることにしました。
しかし、良い小規模塾ほど口コミで定員がいっぱいだったり、都心で通えなかったりと、小規模塾探しは難航しました。
個別指導塾はスポーツや習い事で忙しく時間的制約がある子には適していると思いますが、息子は暇ですし、
学校以外の集団に入れてみたい気持ちもあったので、まずは集団塾に入れようと思い個別指導塾は検討しませんでした。
息子の学力や状態、志望校によっては今後小規模塾や個別指導塾に移る可能性はあるかもしれませんが、
まずは集団塾でスタートしてよかったと思っています。

大手4社(サピックス、日能研、四谷大塚、早稲アカ)を比較検討する日々

中学受験の本には塾の特徴や大まかなシステム、費用などが載っていますが、
自分の目で見るために、小3時に塾生以外が受けられるテストや説明会に参加しました。

4社とも良い所と気になる所があり、甲乙つけがたかったのですが、
早稲アカは体験に来ていたお子さん達がたまたま元気満々タイプが多くて、息子の好みじゃなかったため、
早々に候補からは外しました。いつも淡々としている息子に早稲アカの熱さを試してみたい気持ちもありましたが
通塾するのは息子なので本人の意思を尊重しました。

四谷大塚は問題も奇をてらいすぎておらず良問で、幅広い志望校に対応できそうな印象を受けました。
親子共々嫌な点がなく、なぜ四谷大塚に決定しなかったのか、今でも不思議なのですが、
たぶん塾選びに迷っている間に個性の強い日能研とサピックスに目がいってしまったのだと思います。

体験授業などを経て最終的に私は面倒見の良さで日能研息子はサピックスを気に入りました。
私が息子には1番なしだと思っていたのがサピックスで、その理由は
御三家を目指していない子(親から見て御三家を目指せないであろう子)の受験においてサピックスのカリキュラムはオーバーである点
家庭学習の比率が大きい点と過去記事↓に書いてある通りです。
【塾選び】サピックス下位クラスの子どもの満足度に不安が、、

短い体験授業だけでは判断材料になるだろうと思い、小3の冬休みは日能研とサピックスの短期講習に通いました。
日能研冬期講習1日目
日能研 冬期講習 小3の感想
日能研の冬期講習はテストで入塾基準に達していなく入れてくれました(笑)(今は違うかもしれないのでご確認をお願いします)

サピックス 新4年準備講座の感想
サピックスは準備講座を受けるにも入室テストの基準点を上回る必要があります。
サピックス 入室テスト 新4年第1回を受けてきました。

講習を受けても息子はサピックスがいいと言い続け、本人が通いたい塾にしてあげたい気持ちもあり、
息子のサピックスが一番集中できるという言葉を信じてサピックスに決めました。

この時にはなぜ息子はこんなにサピックスがいいと言うのか分からなかったのですが、最近やっと分かりました。
子どもにとって自分のためになる勉強だったとしても、苦手なタイプの問題を解くのは苦痛!
日能研の問題は記述が多く、息子に足りない要素をこれでもかと示してくれて
だからこそ私は入塾する価値があると考え、しかしそれは大人の発想で、子どもは楽しいかどうかで判断している。
息子にとって日能研は授業は楽しい、テストは楽しくない。サピックスは両方楽しい。
友人のお子さんは真逆で、サピックスの授業は好き(算数以外)、テストは知らない問題が出てきて嫌(特に理科社会)で日能研に転塾し、
日能研では両方楽しいそうです。
ちなみに友人のお子さんは国語が得意でさらに他の教科もできるタイプで穴が少なく、息子は算数だけが好き、穴だらけのタイプです。

まとめ

塾選びについて簡潔に書きたかったのに長々書いてしまいました。
塾選び、私のおすすめの決め方は

  • 子どもが行きたがった塾(中学受験で勉強が嫌いになるのが一番の損失なので)
  • 子どもがどこでもよければ、大手塾で立地的に通いやすい塾(近いと体力的な負担も少なく、時間も無駄にならない)
  • 最難関校志望ならいわゆる王道コース(サピックスに入れて合わなければ転塾)

塾選びで実績について触れませんでしたが、進学実績って大事な様で大事じゃない、数字という分かりやす物だとジャッジしやすいので
実績が圧倒的に良いからサピックスが一番良い、というのは早計というかもったいないかなと思います。
雰囲気とか子どもに合うとかジャッジしにくい物が大事で、そこを分かってあげられるのはお母さんであり、お父さんなのだと思います。
私も迷いに迷った塾選びでしたが、いくら息子がサピックスを希望したとしてもサピックスのドアから出てくる息子の顔つきが暗かったら、
サピックスにはしなかったでしょう。

中学受験ってお母さんはけっこう孤独なんですよね。
いろいろ判断を迫られて、でもやるのは子どもで自分じゃない。
おまけに本音で話してくれるお母さんもいるけれど、情報は出さないけど得ようとするタイプもいたり。
一生懸命書きましたが伝わりにくい部分があったらすみません。
塾選びに悩んでいる時に受験ブログを参考にさてもらったので、私もどなたかの参考になればと幸いです。

(補足)入塾後に感じた家庭学習比較はこちら↓
【塾選び】家庭学習(宿題)の量と大変さを比較(小4)

(おまけ)こんなこともあるので、テストは何度か受ける事をおすすめします。
入塾する塾を真剣に吟味している母を知ってか知らずか、のんきな息子が日能研の全国テストで悲惨な点数をとり、
まさかの入塾資格をもらえない事態に!
選ぶのではなく、塾選ぶのねと現実を知った瞬間でした(笑)
過去記事→どこの塾にするかを検討していた自分を恥じる。日能研全国テスト小3

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です