【文化祭の感想】サレジオ学院 神奈川 男子校





文化祭行った次の日は食べて飲んでゴロゴロのソロトナです、こんにちは。

さてさて、昨日はサレジオ学院の文化祭に行ってきました。
グリーンラインは乗る機会があまりない路線なので通学時の混雑は分かりませんが、
昨日の朝乗った時は車両数が少ないわりには満員電車ではなくそこまで混んでいませんでした。

参加率100%では?と思うほど充実していた

サレジオ学院は募集人数が1学年160名と生徒数が少なめの学校なのにも関わらず、
手作りの展示がたくさんあり、教室内にいる役割を担当している生徒さんも多い!
サレジオ生全員が文化祭に参加しているのでは、と思うほどです。
保護者がカフェや食堂、バザーや手作り品の販売も担っていて、
お父さん達の焼き鳥屋さんもあったりと保護者の参加率もかなり高い印象でした。

設備、環境も良くアットホーム

郊外ということもあり、テニスコートやグラウンドも広く、
建物も築年数の割に古さを感じず。(築20年くらい?)
講堂でジャグリングを観ましたが、立派でした。
アットホームさは私が感じただけなので、確証はないのですが、大規模校とは違う雰囲気でした。

その他

中1、中2の展示が連続していて、それぞれが楽しかったです。
中2の最初の展示テーマが投資で、新聞を読んで投資する会社を決めるというゲームで、
投資が嫌悪されない世代になったのだと嬉しくなりました。
カジノ、丁半など、ギャンブル要素のあるもの、コマやけん玉など昔の遊び、とにかく盛りだくさんで
息子がギャンブル系と昔の遊びが大好きなので、気づいたら朝から終了の16:30まで滞在していました(笑)

息子はジャグリングが好きでどこの学校行っても見学するのですが、
ディアボロのレベルが非常に高く、投げて回収する技を連続で成功させる中高生を初めて見ました。
ジャグリングが部として認められている学校は珍しいので、これかもどこかで披露しているなら見に行きたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です