【感想】世田谷学園 親子説明会





家事がたまりすぎていて、やってもやっても終わらない悲しい主婦ソロトナです、こんばんは。

7月29日(日)に世田谷学園の親子説明会に行ってきました。

世田谷学園。説明会に参加前のイメージは
都会にある。
仏教系。
2019年から算数入試を始める。
青い制服が有名。

上り電車になるし、遠いのもあり知り合いで通っている人もいないので、
予備知識ないままに参加しました。
息子があまりに勉強しないので、中受のテンションが下がっていて、
しかもこの暑い中の説明会。
面倒くさい気持ちがあったのだけれど、
予約できたので息子を連れて行ってきました。

結果、参加してよかった~!!!!

私は田園都市線で行ったので、三軒茶屋から徒歩10分でした。
制服は想像していたより普通の紺色で、ちょっとがっかり( ;∀;)
頭の中では勝手にアニメに出てきそうな鮮やかブルーを期待していた(笑)

制服はさておき、
世田谷学園、温かい!!良い意味でアットホーム!!
校長先生も広報の先生も昔から知っている近所のお寺の住職様みたいで
初めてそのお顔を拝見したのに、気軽に話しかけたくなってしまう感じ。

教育理念の『天上天下唯我独尊』、
スラムダンクの流川君が頭に浮かぶけれど、それは誤用なんですよね。
校長先生が教育理念を話す際に仏教用語に加えてアンパンマンや三浦大知の曲が登場し、
伝わる言葉で伝えようとして下さっていました。
この学校なら少し変わった息子でも居場所ができる学校なのでは、と期待を持てました。

来年から始める算数特選入試についても説明がありました。
算数入試の導入理由はAIが注目されるこれからの時代は文系理系問わず論理的思考力が必要であり、
数学(算数)通して培われる論理的思考力を伸ばしていくため、とのことでしたが、
算数特選募集人員は30名ですので、学年で30名算数が得意な子がいることが学校全体の論理的思考力アップにつながるのかは少々疑問ですが、
算数好きの子を持つ親としては選択肢が増えることは非常にありがたいことです。
ただ、鎌倉学園と同じく来年から算数入試を導入する巣鴨中学と日程がかぶっているようですので、残念ながら1校しか受けられないのでしょね。
それでも算数入試が増えてくれるのは嬉しいです(≧▽≦)

勉強面についてや英語教育についての説明もありましたが、私が一番気に入ったのは『坐禅』。
マインドフルネスの本も読みましたが、息子がもし意識的に脳をスッキリさせることができたら今よりもっと生きやすいと思うのです。
中高の6年間でもし坐禅によって切り替えができる子になれたら息子にとっては一生の財産になります。

親たちがお話を聞いている間に広報の先生が子どもたちをミステリーツアーに連れて行ってくれました。
火縄銃、屋久杉などを見せてもらったらしく、息子は大喜びで帰ってきました。

好印象だった世田谷学園ですが、マイナス面というか気になった点も書いておきます。
都会だから仕方がないのですが、やはり敷地が狭いです。
図書館などは今回の説明会では中は見れませんでしたが私立の中では小規模の方かもしれません。
スポーツの施設は室内プール、室内野球練習場など充実しています。
高校からスポーツ推薦がある関係でしょうか。

説明会、参加してよかったです(≧▽≦)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です