【訂正】サピシ(サピックスシール)の効果、あるようです。





5/11にサピシ(サピックスシール)の効果、すでになし?と書いたのですが、訂正します。

最近息子が塾帰りに
『今日は買った。』
『今日は同点。』
『今日は負けた。』
とか言っているので、
同じクラスの子と点数を競っているのかと思っていたら
点数ではなく、サピシの枚数でした!

『サピシ、貼ってないし、捨ててあったからもう興味ないのかと思っていたよ。』
と息子に言うと

『興味ないわけないじゃん。同じクラスの子と毎回勝負してるし。貼るのが面倒くさいだけ。』
だそうです。おまけに
『イルカが芸の後に魚もらうじゃん。サピシ、あんな感じで楽しいじゃん。』
だそうです。

サピックスの先生による調教?(笑)を自覚していて、
なおかつ楽しいならそれはよかった( ;∀;)

子どもは競争が好き、と説明会でサピの先生がおっしゃっていたのを思い出しました。

余談ですが、
一方、学校はというと、
息子の担任の先生はテスト返却時に点数を言い合ったり、見せ合ったりするのを禁止しています。
学力の優劣がいじめに発展しないようにという配慮なのでしょう。
しかし学校は運動の優劣ははっきりさせるのですよね。
体育の授業だけでなく、運動会までやってクラスメイトだけでなく保護者にも公開する。謎です。
運動こそ素質がしめる割合が多いから優劣つけると苦手な子はつらいのでは?
(運動会がなくなってほしいと思っているわけではありません。)
息子の小学校は運動は全国平均少し上、学力は全国平均を大幅に下回っています。

子どもの競争好きな気持ちを刺激して伸ばすことは
行き過ぎると子どもの気持ちを追い詰めてしまうことにつながります。
その塩梅が難しいですね。
今のところサピの宿題をやらなくても平然と通塾しているところを見ると
サピの競争も追い詰められるほどの競争ではないようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です