【感想】学校では教えてくれない!『国語辞典の遊び方』サンキュータツオ





サンキュータツオさんにサンキューしたいソロトナです、こんばんは。

お笑い芸人「米粒写経」のサンキュータツオさんが書いた本です。
お笑い芸人の書いた本だと思うなかれ、遊び心たっぷりの真面目な本です。

この本に出会わなければ
国語辞典によってこんなにも違いがあることを知らずに一生を終えるところでした。
サンキュータツオさんにサンキューです!

私の拙い日本語でこの本を語ってしまうのはもったいないので、別の角度から。

男子を育ていて女子よりバランス感覚に優れていない生き物だと常々思うのですが、
こーゆー本に出会うと男子のスゴさに気づくというか、
こーゆー本は男子にしか書けない!!
性にも多様性があって、男女と区切るのはナンセンスなのも分かっていますが、
それでもこーゆー本は男子にしか書けない!男子最高!ヲタク最高!
って思っちゃう本です。

サンキュータツオさんみたいにとてつもなく大きな遊び心を搭載したまま成人男性になるにはどんな経路で育ったのか気になる。
本には大学は早稲田で東京生まれと書かれているけれど、

大学よりその前の経歴が気になる!
自由の極み「麻布卒」とか?

ググってみるとーーーー

まさかの巣鴨卒!!!

厳しくて有名な私立!!

同じく遊び心満載の大島てるさんも巣鴨卒なんですよね。
厳しくても男子の遊び心は死なないんですね。
それとも面白い子がいっぱいいるのかな?
遠くて通うには引っ越さないと無理ですが、息子を巣鴨中学に入れたくなります( ̄∇ ̄)

いやー、この本、面白かった!!
辞書占いで決まった辞書をさっそく買うー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です