VIX指数よりエンジェル係数が恐怖すぎる件





今日も洗濯物をたたむのを放棄したダメ主婦ソロトナです、こんばんは。

恐怖指数ともいわれるVIX指数。
投資の世界で使われる指数ですが、
私にはVIX指数の恐怖をはるかに上回る数があります。

それは、エンジェル係数(/ω\)

エンジェル係数とは家計支出の中に占める子育て費用の割合を示す数値で、

エンジェル係数
={子供のための支出額(月間)/家計支出額(月間)}×100

何が怖いって
エンジェルという柔らかいイメージと諭吉が高速て去っていくそのギャップがシュールすぎて(笑)

サピックスに年間かかる費用は入塾前に知っていたのですが、
今までなかった支払いなので、いざ払い始めると大きく感じます。

今息子にかかっている教育費は主にサピックスと習い事1つ。
んー、やっぱり塾代って高い!!5年6年になると更にあがるし( ゚Д゚)

「教育費は生前贈与。小さいうちにお金を出せるかが親の度量」
という私のスローガン?のもと、
教育費をかけてくれない親の嫌さを身をもって知っているがために
サラリーマン家庭なのに一人っ子だからって無理して中学受験しちゃうのね街道を走っております( `ー´)ノ

エンジェル係数の真の怖さは高くても必ずしも良いわけでもなく、
世の中には公立小→公立中→公立トップ校→国公立大学、
しかも子供の頃は野山を走ってました、大学受験以外は塾行ってません、
みたいなエンジェル係数超低いのに親子共々ハッピーなケースが存在する一方で、
小学生から塾に行き、私立中学に入ったものの落ちこぼれて補習塾にも行く、、
みたいなエンジェル係数高めでもハッピーじゃないケースもある。
おーー、怖っ!
それでも私立の中高一貫校での豊富な体験だったり、そこで出会う友達だったりを思うと
私が死んだ時に現金は残せないけど、エンジェル係数高めに育てるか、って思ってる。
息子を産んだ頃は中学受験なんて全く考えてなくて、
旅したり、留学したり、家に楽器そろえたり、楽しく学ぼうって、
そーゆー教育費の使い方を考えていたんだけれど、息子は海外嫌いで塾好きで、結局今に至ります(笑)

息子よりよっぽど勉強をする真面目な夫(華麗なる社畜)は
スタディサプリを通勤中に見ています。
その費用月額980円!!
『自分が高校生の頃にスタディサプリがあったらよかったなぁ。良い時代になった。』
と絶賛しています。



スタディサプリと夫こそ私のエンジェルだわー༓٩(❛ัᴗ❛ั ๑)༊༅͙̥̇⁺೨*˚·

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です