分配金支払遅延のお知らせらから感じたリスク、セキュリテファンド事業に投資する際に知っておいてほしいこと。





ソロトナです、こんにちは。

以前にも記事に書きましたが私はセキュリテを通じて数件のファンドに投資しています。
【セキュリテ】ベル商品開発成長ファンドの投資家特典で靴を買いました。

【セキュリテ】宮崎黒にんにくのうまみ唐揚げファンドに申込みました。

セキュリテファンド事業とはミュージックセキュリティーズ株式会社がやっている事業の1つで、

セキュリテは、1口数万円の少額からご出資いただけるインパクト投資プラットフォームです。
経済的なリターンを求めるだけではなく、それぞれの地域で抱える課題や貧困や環境などの社会的な課題に対して、
皆様からの出資を通じて解決しようとする、経済的な価値と社会的な価値の両方を追求する新しい投資の仕組みです。
(セキュリテホームページから引用)

以前からメディアに取り上げられることも多く、
ママ友で知っている人もいたので、少しずつ知名度が上がってきている気がします。

私は上で紹介しましたファンド以外にも数件のファンドに投資しています。
ファンド名は書きませんが、約3週間前にその中の1つのファンドから分配金支払い遅延のお知らせがきました。
今後の支払い予定や見通しなどの連絡はきておりません。
※上で記事にしたファンドではありません。

日本人は世界でも投資嫌いと言われているので、
こうやって書くと「やっぱり投資は危険ね」とますます投資から遠のいてしまいそうで、
書こうか迷ったのですが、大切な事なので書くことにしました。
拙い文章ではありますが、できれば最後まで読んでもらいたいです。

数ある金融商品の中で、このセキュリテのファンド事業はリスクが高いと私は思っています。
理由はたくさんありますが、例えば株と比較してみると
・売買できない(償還期間はファンドによって違いますが数年です。)
上場されている会社と比べて
・小規模業者が多い
・開示されている情報が少ない

加えて、確実に大きな利益を生むことが分かっている事業であれば銀行などが融資するであろうことを考えると
セキュリテのファンド事業でお金を集めるということは、
銀行が融資しない何らかの事情がある事業の可能性がある。

では、リスクが高いのになぜ私が投資をしているのかというと、
気持ち的には寄付と応援と日本が好き、日本製品が好きだからです。

きっかけは東日本大震災です。
世の中には募金箱がいっぱいあって、募金箱を見かけたらその度に入れていたのですが、
私が入れた募金箱の1つが正式な物ではなかったのでは?と疑問に感じることがありました。
また、私の住んでいる市では支援物資を集めていたので、
オムツやおしりふき、生理用品、コンタクトレンズの液などを回収場所に持っていた時に
ママ友(というか知り合い)の1人が支援物資の回収時に賞味期限切れの食品や
もらっても嬉しくないであろうボロボロの物を持参していたのを見て
寄付先が正しいか、相手が欲しい物が渡っているのかと寄付の難しさを感じました。

そんな中でセキュリテのファンド事業を知り、
お金を届けたい相手に直接届けられる仕組みに共感してセキュリテファンド事業に投資を決めたのがきっかけです。

私は主に天候などの影響を受けやすくて融資が受けられにくいといわれる畜産や農作物に投資をしています。あとは日本製品。

今回分配金遅延のお知らせがきたファンドも天候や害虫被害などで予定生産量を下回ったことが原因で資金に余裕がなくなったようです。
しかし、そのようなリスクはもともと想定されていて、理解しています。
すでに償還済みの私がセキュリテで初めて投資したファンドも、
予定生産量を下回り、大幅にマイナスでの償還になりましたが、そのファンドに投資したことに後悔は全くありません。

私が今回残念だったのは、その分配金遅延のお知らせの内容です。
そこには分配金が支払う余裕がないことや生産量が確保できなかったことが記載されており、
最後には代表者の方のメールアドレスが問い合わせ先として記載されていました。
セキュリテ側のコメントなどはいっさいなく、
セキュリテ側はお金を集めたら終わりで、あとはその事業者と投資家でやりとりしてね、ということが伝わってきました。
このファンドの分配金支払いの遅延に関して、私はその事業者にメールしていません。
第1回目の分配金を支払う余裕がない状態というのはかなり厳しいのだろうと思います。
おそらくかなり小規模事業者だと思われますので、投資家対応の窓口がいるわけでもなく、
きっとそんな状態で投資家一人一人から問い合わせのメールがきたら大変かな、と思うので、
このまま次のお知らせをしばらく待ちたいと思います。

これは私の勝手な思い込みだったのですが、セキュリテはファンド事業者と投資家の間にもう少し入るのかと誤解していました。
今回第1回目の分配金から支払い遅延となり、セキュリテ側からは何のコメントもないということは
お金を集めることがセキュリテの役割でそれから先は各事業者、と今更知り、そこのリスクを考えていなかったことに気づかされました。
これは私がアホです。

セキュリテには申込時に手数料を払っていますが、今回の場合は投資金額1口5万円に対して2858円です。
お金を集めるだけにしては高い気もします。

ただ、私はアロマスターさん、ベルさんなど本当に素晴らしい製品を作っている事業者さんにもセキュリテを通じて投資できたので
セキュリテのファンド事業に価値はあると思っています。
ファンドにによってはリスクはかなり高めなので、気持ちとしてはやはり寄付くらいがちょうど良いのかもしれませんね。
もしくはリスクが低そうなのを選ぶか。
これからセキュリテで投資をやってみようと思う方の参考になれば幸いです。
私もこれからはもう少し慎重になろうと思います。

くれぐれもこの記事で
『投資と名のつくものは怖いわー。』と投資が敬遠されないことを願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です