国立極地研究所の南極・北極科学館☆理科のお勉強にも◎





玄関が汚れてきているのに寒いから見てみぬふりをしているソロトナです、こんばんは。

先日、立川方面に用事があったので、
以前から行ってみたかった国立極地研究所の南極・北極科学館に行ってきました!

立川駅から多摩モノレールに乗り換え、高松駅を下車して歩いていったのですが、
超寒かったー(;O;)雪もたんまり残っていました(;O;)

高松駅から徒歩10分、のはずが息子が雪で遊びながら行ったので20分かかって到着。

無料で入れます(驚)

展示物の写真撮影OKなのに気付かず、展示物の写真がありませんが、
本物の雪上車もありました(゚∀゚)
そして、なんと、実際に南極に行かれたことのある方がいらっしゃって、
質問に答えていました(゚∀゚)

外には南極観測で活躍したカラフト犬の像がありました。

入口付近にガチャガチャが置いてあり、息子がお小遣いで買いました。
300円で、南極や北極に関する物が入っています。

ペンギンやシロクマが欲しい人と昭和基地や雪上車が欲しい人とに分かれそうですが、
選べませんので、回してみないと分かりません。

雪上車が出てがっかりするのかと思いきや、喜んでいました。
車好きじゃないのに雪上車は好きなようです。謎。

訪れるおすすめの年齢は10歳~あたりかなと思います。
息子は8歳ですが、漫画で予備知識があったのもあり、楽しんでいました。
事前に漫画を読んでおくのも良いかもしれません。

息子が読んでいたのは

 

 

 

わざわざ遠方から南極・北極科学館だけを目当てに立川市まで来るほど豪勢な内容ではないですが、
立川市方面に用事がある時にはぜひ寄る価値のある施設だと思います。おすすめです(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です