9割の人間は行動経済学のカモである☆橋本之克さん





せっかくの3連休なのに家で本を読んだり遊びたいというニート予備軍の息子の将来に不安しかないソロトナです、こんにちは。

遺伝とは怖いもので、私もひきこもり体質なので、息子の気持ちはわかります。
じゃー、私も家事放り投げて読みたかった本をひたすら読みまくっちゃえ、
ということで今日はすでに二冊読み終わりました。

一冊めはこちら。

(感想)
タイトル通り行動経済学の本ですが、
この種の本を読んだことのある人には目新しい情報はないだろうな、と思ってしまいました、スミマセン!
ただ、ソーシャルゲームや保険、AKB選挙、マイレージ、通販等
誰しもが身近な商品を挙げて説明してくれているので面白さはある。
1冊にけっこうてんこ盛り。

読んだ方がいい人は

行動経済学を簡単に知りたい人
そんなに贅沢をしているつもりがないのにお金がない人
スマホのゲームがやめられない人
キャッシングしちゃう人
株の損切ができない人

読まなくてもいい人は

損失回避、サンクコスト、フレーミング効果とか聞いたことあるよって人
株の損切ができる人
ポイントを貯めない人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です