結果の良し悪しより、予想よりどのくらい良いか(もしくは悪いか)で株価は動くのを息子のテストで思い知る





休憩時間残り7分で記事が書けるかチャレンジしているソロトナです、こんにちは。

昨日息子との会話

息子『これからは社会も頑張るよ。』

私『社会嫌いなのに頑張ることにしたの?』

息子『社会のテストあって、点数が悪かった。見せられない。』

私『社会嫌いなの知ってるし、もともと点数が良いと思ってないから気にしないで見せてみー。』

息子『ママは何点を想像しているの?ママの想像を超えてると思う。』

私『まー、50点とかは想定内。』

息子『だよねー。そのくらいを想像するよねー。』

と長い前置きの後に30点のテストを見せられた。

この長い前置きの効果なのか30点でもそんなに驚かず。

既存店売上落ちてますー、円高きついですー、人件費増大してますー、

って前置きがあると決算が悪くても案外株価が下がらないのと一緒だなぁと(笑)

以前得意な算数で40点を見た時にはかなり動揺したし。

点数そのものより期待値との差によって心(株価)は動く(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です